安い料金で塗り替える方法

スポンサードリンク


ペンキ塗り替え後の反省点のページでも書きましたが、今回の我が家の外壁のペンキの塗り替えでは、以下でご紹介する『外壁塗装 無料一括見積もり』を利用していませんでした。

 

知らなかったとはいえ、「しまった!」、「残念!」という気持ちです。(-_-;)

 

なので、
私のように後悔しないように少しでも安い料金で施工してもらう方法をご紹介しています。

 

『無料一括見積もり』を利用する

 

 

『無料一括見積もり』をすすめる理由
  • 多くの方が他社の見積もりと比べて安くなっている
  • 見積もりと同時に料金相場も分かる
  • このサービスを利用した方の95.2%が「また利用したい」と言っている
  • 期間限定の特典が付く場合がある
  • 業者から営業電話が来ない
  • 実績10万件以上
  • 全国300社以上の業者の中から「最大3社まで一括見積もり」依頼可能
  • 全国500社以上の外壁塗装業者と提携している
  • お断り代行サービスを利用できる

 

複数の業者を紹介してもらっても、最終的に依頼するのは1社。
 
その他の業者は最終的にお断りをする訳です。
 
さらには、紹介してもらった業者全てを断ることもあるでしょう。
 
そういった気まずく感じるお断りも代行してくれます

↓↓

【外壁塗装の駆け込み寺】

 

 

助成金を利用する

 

当サイトの 外壁塗装の助成金(補助金)を受けるための条件と注意点 でも助成金については説明していますが、地域によっては、外壁ペンキの塗り替え時に “助成金” が出る所もあります。
 
広報などで告知されている場合もありますが、
「知らなければそれまで」という感じです。
 
なので、
まずは、事前にお住いの市役所(町村役場)のホームページで調べたり、直接 問いあわせてみてください。

 

外壁塗り替え時の助成金が設定されている場合でも、『市内の実績のある業者を利用する場合に限る』とか、『居住年数』、『各年度内で利用できる戸数の制限』など、すべてをクリアしていることが条件となります。

※ 助成金が利用できる条件は各市町村で違います。

 

しかし、この外壁塗り替え助成金が利用できれば、「数十万円から、かかった施工料金の数十%」とか、かなりの金額を助成してもらえますので、絶対お得です。

 

とはいうものの、我が家の外壁ペンキ塗り替え時には、私の地域では該当する助成金はありませんでしたけどね。
残念。

 

外壁塗装の助成金(補助金)を受けるための条件と注意点 

 

 

自分で塗装してみる

 

日曜大工感覚でDIY!

 

究極の『安い料金で塗り替える方法』です。

 

 

そりゃ、自分でペンキの塗り替えが出来れば、かかる費用は「材料代だけ!」なので一番安く出来ますよね。

 

でも、
さすがに外壁の二階は危険すぎて足場がなければ無理。

 

さらに、
どんな材料を準備すればいいのか分からない。
犬小屋だって作った事がない。

 

などなど・・・。

 

失敗も覚悟に入れておかなければなりません。

 

 

 

なので、
塗装したい場所が低い『塀や門扉』などに限られてくると思いますが、わざわざ塗装業者に依頼するほどでもない面積であれば「自分で塗装してみるのも有り」だと思います。

 

そこで、
ペンキ塗り替え後の感想のページでもご紹介していますが、ペンキの塗り方、使用する道具などを動画で詳しく説明しているサイトを見つけましたのでご紹介しておきます。

↓↓

塗料のHowTo動画(アサヒペン)

 

あとは腕次第ですよ!

 

スポンサードリンク





関連ページ

ペンキ塗り替え後の感想
我が家の外壁のペンキ塗り替え工事での個人的な感想をご紹介しています。
ペンキ塗り替え後の反省点
我が家の外壁のペンキ塗り替え工事での反省点をご紹介しています。
助成金(補助金)の条件と注意点
外壁塗装で助成金(補助金)を受けるための条件と注意点についてまとめています。