ペンキ塗り替え後の感想

スポンサードリンク


ペンキ塗り替え後の感想

 

外壁や屋根の塗装は、専門的な知識や技術が必要なため施工業者を信頼してすべてを任せざるを得ない訳です。
しかし、専門的な知識を持っているはずの施工業者が正規の施工仕様を守らず、自己基準の施工をして不良施工になるケースが後を絶たないそうです。
その為、工事後1年以内に全体の3割でトラブルが生じるとも言われています。

 

その点については今回、

 

幸運というか、おかげさまで我が家の『外壁のペンキ塗り替え工事』では、とても綺麗に仕上がっており、事故もなく、満足しています。

 

塗装職人の皆さんが経験豊富で腕前も良かったのも高得点です。

 

実は作業中の写真を毎日撮って記録したり、観ていて解らないところや疑問に思ったところを質問したりしていましたので、塗装職人さん達はやりにくかった(うっとうしかった)かもしれませんね。(笑)

 

そんな事もあってか、塗装工事が終わるころに「どこか気になる所はありませんか?」、「今ならやり直しますよ、足場を外してしまったら出来ませんので」とまで言ってくれました。


この職人さん達が仕事に自信を持っているからこそ言えた言葉だと思います。

 

 

ところで、
今回の塗装工事を毎日直接見ていて思ったことですが、「塀のペンキの塗り替え」や、今回は“サービス工事”として塗り替えていただいた「車庫の鉄柱」などは、日曜大工やペンキ塗りが好きな(得意な)人なら自分で出来ない事もないですよね。

 

ペンキの種類、水洗い、マスキングや下地塗りなどの作業工程、使用する道具さえ間違えなければやれそうです。

 

 

そこで、
ペンキの塗り方、使用する道具などを動画で詳しく説明しているサイトを見つけましたので、参考までにご紹介しておきます。

↓↓

塗料のHowTo動画(アサヒペン)

 

 

 

スポンサードリンク





関連ページ

ペンキ塗り替え後の反省点
我が家の外壁のペンキ塗り替え工事での反省点をご紹介しています。
安い料金で塗り替える方法
外壁のペンキ塗り替えを少しでも安い料金で施工してもらう方法。安い値段の塗装業者をお探しなら『外壁塗装 無料一括見積もり』がお勧めです。無料一括見積もり以外の方法もご紹介しています。